2014年04月27日

隠しカメラの様々な機能

小型カメラと一口に言っても様々なものがあります。
隠し撮りができるように、時計型、ペン型、ライター型などの形状のものは、相手に悟られずに記録できるので便利です。
言った言わないなどのトラブル防止のためには今や必須のアイテムといってもよいのではないでしょうか。
また、会議の録音などにも最適です。

機能の面でも、高画質の動画や高品質の録音ができるものもあります。また、長時間の記録が可能となっているものもあります。
現代社会では、様々なトラブルが予見されます。
トラブルに巻き込まれないにこしたことはありませんが、万が一そのようなことが起きた場合には、自分の身を自分で守る以外にありません。
撮影データはパソコンに移すことも簡単にできるので、必要な部分だけをパソコンで編集することも可能です。

赤外線隠しカメラ 暗視隠しカメラ 
posted by 伊藤淳子 at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

隠しカメラの用途と機能 

最近、テレビの刑事モノや探偵モノで小型カメラの活躍が出てくるシーンがあり、注目が集まっています。
ペン型などの偽装カメラは、そのスタイリッシュな形はガジェットとしての魅力に溢れていますし、
腕時計型の精密な作りはメカとして、見ていて飽きないものがあります。
その用途は幅広く、カーキー型などは、ダッシュボードに入れておく事で、事故時の示談の際の
録画に使う事ができます。
また、様々な契約を交わす際に、トラブル回避のために使われる事も多いようです。
弁護士など法律に携わる職業の方は、証拠とりのために便利です。
カジュアルなシーンですと、講義や講演などの録音、録画に使う事ができます。
いずれにせよメカとして魅力的なだけではなく、その実力も決してあなどることはできないのです。

小型カメラと一口に言っても様々なものがあります。
隠し撮りができるように、時計型、ペン型、ライター型などの形状のものは、相手に悟られずに記録できるので便利です。
言った言わないなどのトラブル防止のためには今や必須のアイテムといってもよいのではないでしょうか。
また、会議の録音などにも最適です。

機能の面でも、高画質の動画や高品質の録音ができるものもあります。また、長時間の記録が可能となっているものもあります。
現代社会では、様々なトラブルが予見されます。
トラブルに巻き込まれないにこしたことはありませんが、万が一そのようなことが起きた場合には、自分の身を自分で守る以外にありません。
撮影データはパソコンに移すことも簡単にできるので、必要な部分だけをパソコンで編集することも可能です。

隠しカメラ 赤外線 暗視 動画撮影 盗撮
posted by 伊藤淳子 at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

隠しカメラの種類とシチュエーション

腕時計に仕込まれた隠しカメラ
防水タイプも登場!プールや遊園地で大活躍。
腕時計の中にマイクロカメラが仕込まれたタイプです。時計として機能しますのでカメラはおまけとしてお使いになる方も多いようです。音声も動画も高画質で撮影できるタイプが出ています。最新版では防水タイプも登場しています。

ボールペンに内蔵された隠しカメラ
会議等のビジネスで大活躍!
こういうペン型カメラは会議や取引先との会話を録音しておくといった、ビジネス向けの用途に役立ちます。ボールペン型だと、腕時計とは違ってカメラの向きを自然に調整できるのがメリットです。最新版では、暗闇でも補正して綺麗に撮影してくれるものが登場しています。

車のリモコンキーに内蔵された隠しカメラ
車のリモコンキーはキーホルダー型になっていますので、家の鍵と一緒に付けると大変自然な形で持ち歩きすることができます。操作も簡単で、簡単にパソコンに動画や写真を取り込めるので小型カメラの中でも人気のある商品です。最新版では、録画開始の際に振動バイブで教えてくれるタイプが登場しています。

映画のスパイカメラを実現したライター式カメラ
このライターに隠されたマイクロカメラは、まるで映画に出てくるような、探偵アイテムの1つですね。写真だけでなく動画も高画質で録画できるものが登場していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

泥棒やストーカー等の対策に役立つ置時計の隠しカメラ
置時計だけじゃなく、様々な日用品にカメラが仕込まれたタイプも登場しています。こういった隠しカメラは、レジスターの前や家の金庫の前といった場所に撮り付けておくと万が一の時の防犯対策になります。

隠しカメラ 赤外線 暗視 動画撮影 盗撮禁止
posted by 伊藤淳子 at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。