2014年02月23日

隠しカメラの用途と機能 

最近、テレビの刑事モノや探偵モノで小型カメラの活躍が出てくるシーンがあり、注目が集まっています。
ペン型などの偽装カメラは、そのスタイリッシュな形はガジェットとしての魅力に溢れていますし、
腕時計型の精密な作りはメカとして、見ていて飽きないものがあります。
その用途は幅広く、カーキー型などは、ダッシュボードに入れておく事で、事故時の示談の際の
録画に使う事ができます。
また、様々な契約を交わす際に、トラブル回避のために使われる事も多いようです。
弁護士など法律に携わる職業の方は、証拠とりのために便利です。
カジュアルなシーンですと、講義や講演などの録音、録画に使う事ができます。
いずれにせよメカとして魅力的なだけではなく、その実力も決してあなどることはできないのです。

小型カメラと一口に言っても様々なものがあります。
隠し撮りができるように、時計型、ペン型、ライター型などの形状のものは、相手に悟られずに記録できるので便利です。
言った言わないなどのトラブル防止のためには今や必須のアイテムといってもよいのではないでしょうか。
また、会議の録音などにも最適です。

機能の面でも、高画質の動画や高品質の録音ができるものもあります。また、長時間の記録が可能となっているものもあります。
現代社会では、様々なトラブルが予見されます。
トラブルに巻き込まれないにこしたことはありませんが、万が一そのようなことが起きた場合には、自分の身を自分で守る以外にありません。
撮影データはパソコンに移すことも簡単にできるので、必要な部分だけをパソコンで編集することも可能です。

隠しカメラ 赤外線 暗視 動画撮影 盗撮
posted by 伊藤淳子 at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。